KAGAWA DESIGN -香川の手仕事-

会期 8月20日(月)〜10月14日(日)

銀座店では、香川の素材を用いた手仕事をご紹介しています。
日常で使えるユニークなプロダクトを見にぜひご来店ください。


AJI PROJECT
平安時代の後期から1000年に渡って石材業が続いている高松市の東部に位置する牟礼町・庵治町。
そこで採れる庵治石は、キメの細かさ、優美な光沢、独特の色合いと重量感から「花崗岩のダイヤモンド」と呼ばれています。
そんな庵治石から作られた暮らしに寄り添う石のプロダクトです。


Aji Glass
讃岐の山からうまれた庵治石を溶かし込み、蒼色に発色した庵治石ガラス。
優しい蒼は、瀬戸内海、讃岐の山々や島々を想像させてくれる瀬戸内ブルーです。
グラスやオブジェが暮らしに爽やかな雰囲気を演出してくれます。


丸亀うちわ
持ち歩き「涼」を楽しむ伝統工芸品 丸亀うちわ。
その技術は江戸時代から確立していたといわれています。
一本のうちわができるまでの工程は、47にものぼり、熟練した伝統工芸士が磨き抜かれた技で丁寧に製作しています。


小豆島オリーブ木製品
日本初の国産栽培が始まった小豆島の希少なオリーブを使用したテーブルウェア。
100年以上前に、遠い海からオリーブの苗木が届けられ、実をつけたのは小豆島だけでした。
水はけがよく、密度の高い木質はキッチン用品に最適です。


桜ショップ 銀座店
〒104-0061 東京都中央区銀座3-10-7
ヒューリック銀座三丁目ビル1F
tel. 03-3547-8118 open. 11:00〜18:30


霽れと褻のうるし 展

2018年9月14日(金)〜22日(土)
午前10:00〜午後6:00
[会期中無休、最終日は午後4:00まで]
お椀、装身具、漆額、ペン軸、茶道具など約300点を展示販売
作家在廊日 9月14日、15日、16日、17日、22日

漆の道具はさまざまです。
献上品の宝物から日常使いのお椀まで、どれも漆の道具です。
今回は、漆王国香川で腕を磨いた10人の女性作家に
霽れと褻(ハレとケ)、両方の道具を提案してもらいました。
ぜひ多くの方々に見ていただきたいと思います。
                        永見宏介


フレンチマンズ コヴⅡ ダイニングテーブル


ジョージ ナカシマ デザイン、フレンチマンズ コヴⅡ ダイニングテーブルが銀座店に入荷致しました。

天板は希少なイングリッシュウォルナット材です。
野趣に富み、素朴ながらも深い味わいを持つテーブルです。経年変化も楽しみな板です。
幅は1750mmですが奥行きが1000mm程あり、席に着くと手付かずの自然が手元に広がっているように感じます。

この機会にご覧頂けましたら幸いです。
ご来店を心よりお待ちしております。

桜ショップ 銀座店
〒104-0061 東京都中央区銀座3-10-7
ヒューリック銀座三丁目ビル1F
tel. 03-3547-8118 open. 11:00〜18:30


ウォルテーブル


ジョージ ナカシマ デザイン、ウォルテーブルが銀座店に入荷致しました。可愛らしい小さなサイドテーブルです。

ウォルテーブルは1940年代後半〜50年代前半から作られるようになりました。三角形を特徴とした天板の2辺のカットラインの角度を「包み込まれたような効果を持つ」とナカシマは語っていました。

今でしたら沢山の中からお選び頂けます。この機会にいかがでしょうか。

桜ショップ 銀座店
〒104-0061 東京都中央区銀座3-10-7
ヒューリック銀座三丁目ビル1F
tel. 03-3547-8118 open. 11:00〜18:30


ミラ ナカシマ&永見眞一 手描き図面と板の展示

【只今、開催中】
アメリカのジョージ ナカシマ工房を受継ぐミラ ナカシマと
桜製作所創業者永見眞一により描かれた手書きの図面と板の展示販売フェアを
開催致しております。
素材としての木に、第二の人生を与えるというナカシマ独特の哲学と感性を受け継いだ
二人の大変貴重なものです。
サイドテーブル、ダイニングテーブルなど計15点の作品を展示。
是非、この機会にご覧ください。




桜ショップ 銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座3-10-7 
ヒューリック銀座三丁目ビル1F
tel. 03-3547-8118      11:00〜18:30