Home > 商品紹介 > お手入れ方法

お手入れ方法

桜製作所の家具のお手入れ

木製家具のお手入れ・メンテナンスについて

当社木製品には厳選した良質な素材のみを使用しておりますが、天然素材の為、色合い、木目が製品によって異なります。
無垢の木材は、湿度の変化に敏感で特に乾燥に対して弱いのが特徴です。木は生きていますので年月と共に伸縮したり、湾曲したり、置かれている環境によって経年変化をします。乾燥する季節は、無垢材の家具を置かれる環境には加湿器等を設置し、湿度を保ち木材が過度に乾燥しない環境のなかでお使いください。

通常のお手入れ方法

通常のお手入れは、乾いた柔らかい布で拭いてください。油汚れやひどい汚れはぬるま湯に中性洗剤を薄め、布を浸ってよく絞って拭き、そのあとすばやくきれいな布で残った洗剤を拭き取ってください。シンナー・ベンジン類の使用は避けてください。

テーブルなどの上に食器類を直接置くと、表面に傷や染みが付く場合があります。できるだけランチョンマットやコースターのご使用をお薦めします。加熱した鍋、やかん等を直接天板に置くと塗装や材そのものが変色やはがれの原因になりますので鍋敷きを敷いた上に置いてください。硬いものの接触や、落下など衝撃により傷がつきます。お取り扱いにはご注意ください。

長時間紫外線(直射日光等)が当たると、表面が変色または劣化する場合がありますので、変化を防ぐにはカーテンなどで直射日光を避けるか、布などを掛け表面を保護してください。経年変化も含めて風合いが出てくる表情を木が生きている証として、大切にお取り扱いいただけることをお願いいたします。

塗装について

コノイドチェア オイル仕上げは、木材が本来有している質感を生かす為に、植物油を主成分とした浸透性の塗装方法で、一般の塗装と違い表面に塗膜を作らないので、樹の命である木目の美しさやしっとりした質感がそのまま表現されます。反面、木材の表面に保護膜としての塗膜がないので、長時間直射日光に当たると日焼けをしますし、水も吸い込みますので、コップなどの跡やしみが残りやすい点があります。
しかし、使い込む程に風合が出て、傷や汚れが味となって生きてくるのがオイル仕上げの家具の楽しみとも言えます。表面が乾燥した時などに、ベビーオイル(無香料・無着色)を塗りますと、乾燥を防ぎさらに艶を出してくれます。

ウレタン塗装は、木材表面をウレタン塗料の皮膜によって被う仕上げです。被膜により水分を吸収しないのでコップなどの跡やしみが残りにくく、硬度が高いため傷も付きにくいのが特徴です。

アフターサービス

正規にお求めいただいた桜製作所の家具は、有償ですが修理をいたします。世代を超えて末永くご愛用下さい。
桜ショップ、桜製作所までお気軽にご相談ください。

このページの先頭へ